So-net無料ブログ作成
検索選択

リーアム・ニーソン -ダークマン- [映画]

ぐぅちゅえんが、あまり好きではない
部類の映画かな。作りが、アメコミを
原作としているような絵作り。
(アメコミが原作というわけでもないみたい)

ストーリーは、超人復讐劇といったところか。
ヒーローとは言いづらい、醜い超人。
でも、「パニッシャー」のヒーロー復讐鬼よりは、
こちらの醜い復讐鬼のほうが、人物描写は面白い。
やっぱり、悪役にボロボロにされないとね。

それに、この悪役、することが痛そうなんだ。
もう、シガーカッター(っていうのかな)出した時に
痛そうな事しそうだなーって。
確か、使う所は映し出さなかったと思ったけど、
やられる人を見てるだけで、、、、

しかし、この手の超人が、どうして力を得たかという話は
みんな、よく考えるねー。感心するわ。
でも、これ90年の作品か。この手では古い方。

サム・ライミ監督は、この後、「スパイダーマン」シリーズを
手がけてる。こういうのが好きんだね。
好きこそ、物の上手なれってところか。

Darkman
1990年製作、本編約96分

台湾タイトル 魔俠震天雷
リーアム・ニーソン 連恩・尼遜
フランシス・マクドーマンド 法蘭西絲・麥多曼
サム・ライミ 山姆・萊米

Amazonで「ダークマン」を購入。

携帯 ポイントサイト なら
携帯 ポイントサイト なら


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。